So-net無料ブログ作成
検索選択
仏ワイン ブログトップ

Chateau D'Argadens 2006 [仏ワイン]

今晩のワインはコチラ…
Chateau D'Argadens 2006

RIMG0784.JPG

これは確か今年の正月の成城石井の福袋ワイン
オーパスワンを当てたくて買ったら、コレがでてきました…
残念ながらハズレワインです (>_<)

香りはうっすらと赤い果実の中にちょっとミンティー青さが鼻に抜け、
金タワシのような印象も。口に含むと、果実味は薄く
青苦いえぐみが少し口に残る。余韻は短め。
特にコレと言って特徴がなく、ふつうの2000円以下のボルドーワインと
いった印象。このワイン、3000円だして買う気はしませんネ。
残念な1本でした。

こんなつまみで頂きました。

<チーズと生ハム、サラミ盛り>
RIMG0781.JPG

<生ハムメロン>
RIMG0782.JPG

<しらたきの食べるラー油和え>
RIMG0783.JPG

そして、最後に昨日から煮込んでいたおでん
(すっかり撮り忘れていており、翌朝残りを少しだけ撮ったもの…)

RIMG0785.JPG

そうそう、茶飯も作ったんですよぉ~
生まれて初めての体験です!ごはんとおでんは合わない、おでんはごはんの
おかずにならないと思いこの歳まできましたが、結構美味しいんですねぇ~
どうですか?結構、味がしみて美味しくできました!

RIMG0801.JPG

RIMG0803.JPG


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Chateau Potensac 1993 [仏ワイン]

今日は水曜日。早帰り日です。
柳屋に寄ってプチ道場をした後、柳屋1階で見つけたワインと一緒に北千住ごはんしました。

今日のプチ道場は、USのジンファンデル。
Villa Mount Eden Zinfandel 2006 でした。国、品種、価格はパーフェクトながら、ヴィンテージは1つ若く書いてしまいました。アルコール度数も1つ下…(けど、きっと今ならコレくらいになってる?!)
樽はわからないんですよねぇ…特徴をちょっと勉強しないといけないなぁ~ (>_<)

今日のお買い上げは、このワインでした!

RIMG2532.JPG

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

誕生日月間スタート! [仏ワイン]

いよいよ5月もスタートです!
世間一般の人たちはGWのことで頭がいっぱい?それとも豚インフルエンザ?
私の場合、5月は誕生月でもあるのでどれだけ美味しいワインが楽しい仲間と飲めるのかが一番の関心事(笑)

スタートの今日は、会社の帰りに米ネコさんと千住ごはんでした。仕事終わって、帰ってから作り出したので結局スタートが9時半近くなっていましたが…[ふらふら]

先日つけておいたハチミツ豚(豚肩ロースの厚手のスライスをはちみつと塩で漬け込んんだもの)に粗挽き胡椒をたっぷり振って、ズッキーニ、かぼちゃ等といっしょにグリルしたもの。
RIMG0136.JPG

シーザーサラダに、先日テレビでやっていたのですがインスタントラーメンをオーブントースターで焼いて焦げ目をつかせたものをほぐしてミックスしたサラダ。(インスタントラーメンが何か不思議な食感でなかなかこれがまた、悪くはないっす…)
RIMG0135.JPG

それに米ネコさんお得意のラタトゥーユ
スモークサーモン、春キャベツの塩漬けしたものに先日のぽん酢醤油であえたもの、キノコソースのペンネと言った簡単メニューでした。(なんかなかなか美味しそうに撮れないですねぇ…[ふらふら]
RIMG0134.JPG

今夜の乾杯は、庶民的に…Chateau Beaumont Haut-Medoc 2006 でした。
オーメドックのクリュ ブルジョアですが、若くしてしなやかな果実味と力強さを兼ね備えたワインでなかなか美味しかったですょ!
RIMG0139.JPG

シャトー・ボーモンは、フランスの保険会社GMFグループと、サントリーの共同出資によるグラン・ミレジム・ド・フランス社が、ボルドー・メドック地区で経営しているもうひとつのシャトーです。畑はサンジュリアン村とマルゴー村の中間に位置するキュサック村にあり、ワインの風味も女性的なマルゴーと、より力強いサンジュリアンとの中間的な性格を有します。
ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニヨン62%、メルロー30%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド3%

Chateau Beaumontの公式ページ:
http://www.chateau-beaumont.com/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Vincent Dureuil-Janthial RULLY 2006 [仏ワイン]

今晩のワインは、Vincent Dureuil-Janthial RULLY 2006 でした。

これは、先日のセールで銀座1丁目にあるワイン屋ヴィナリス銀座
http://www.vinalice.jp/
で購入したものです。ここは、カリフォルニア等も幅広く取り扱っている輸入業者ヴィノラムがやっている小売ショップです。品揃えも豊富で、輸入業者だけあって価格もリーズナブルで、私の好きなワインショップの1つです。

さて、Vincent Dureuil-Janthial RULLY 2006 ですが、今晩はこんな料理で合わせてみました。
RIMG0069.JPG

鶏の手羽元を素揚げしたものに、塩こしょうのみで味付けしてオーブンで焼いてみました。皮がカラッとした感じに仕上がりました。ポテトも新じゃがを切って揚げてフレンチフライに。
RIMG0066.JPG

サラダは、冷蔵庫にあった葉っぱものの野菜、ニンジン、セロリ等を簡単に混ぜ合わせただけですが、これに土佐馬路村のぽん酢しょうゆ ゆずの村
http://www.yuzu.or.jp/
をかけるとゆずの香りが素晴らしく、サラダが引き立ちます!
RIMG0068.JPG

それと中華風のスープ。
RIMG0067.JPG

RULLYは、ほんのりレモンイエローでレモン、熟したグレープフルーツのような柑橘系の香り。口に含むとUSのようにベッタリではなく、完熟のグレープフルーツ、ハチミツレモンのようなほのかな甘みが口いっぱいに広がる。酸もしっかりしており、キリッとしまった印象を受ける。非常にバランスよく美味しいワインです!
RIMG0073.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
仏ワイン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。